【2018】はじめて美瑛に来たならハズせないスポット一覧!

美瑛町はとっても広く、東京23区ぐらいの面積があります。ゆっくりまわっていたら1日ではまわりきれません。そこで定番のスポットをまとめました。

のざわ
美瑛に来たのならここはハズせません!

1.青い池

美しいコバルトブルーが特徴です

 

青い池は偶然できた人造の池です。その色はアルミニウムなどの反射によるもの。美瑛に来たのなら一目見ていってほしいスポットですね。

ただ、かなり緩和されてきたのですがシーズンになると渋滞が起こります。それは結構な距離で町は2車線にしたりう回路をもうけたりしているのですが、根本的な解決にはなっていません。

注意
シーズン中は時間帯を意識しておとずれましょう。 

朝早い時間なら色もキレイですし、人も空いています。また、前日の気候や時期によってキレイに見える時期がありますので注意してください。

のざわ
美瑛を代表する定番スポットですね!

2.しらひげの滝

青い池の上流にあります、写真ACより

 

青い池からさらに山の方へ向かいます。そこにある白金温泉という温泉地のなかにある滝です。美瑛川を渡る橋からよく見えます。

駐車場から舗装された道をあるいてすぐなのでアクセスしやすいのも特徴です。天候にも左右されにくく、いつ見ても美しい滝です。時間があれば温泉にもぜひ寄って行ってほしいです。

のざわ
「青い池よりも好き」とよく言われています

3.丘めぐり

写真ACより

丘めぐりも美瑛に来たのならやっておきたい定番のコースです。ただ、本当に広い土地なのですべてを回るのは諦めてください。1週間とかかかってしまうでしょう。

そこで青い池に程よく近い丘を2つ紹介します。

四季彩の丘

夏も冬も楽しめる場所です。アルパカファームやバギー、スノーモービルなど充実した施設が魅力、もちろん景色もすばらしい場所ですね。

http://www.shikisainooka.jp/

 

三愛の丘

開放感あふれた場所 美瑛町観光協会のHPより

 

四季彩の丘と違い、道のわきに駐車場があるだけです。その素朴さが最高の開放感を演出しているといえるでしょう。もしレンタカーで回っているのなら、三愛の丘の駐車場で休憩するのがおすすめです。

 

 

 

 

のざわ
美瑛は「丘のまち」どれか一つでもいいので寄ってみましょう

 

4.拓真館

丘の中にひっそりと 美瑛観光協会のHPより

 

美瑛町が観光地として注目されたのは前田真三さんという写真家のおかげです。一度赤い丘の写真を目にしたらなかなか忘れられないのではないでしょうか?

 

 

 

 

その前田真三さんの写真が展示されている写真館です。町営ですので無料、しかも駐車場完備ですので雨が降った日でも安心して訪れることができます。

のざわ
晴れた日でも、写真に興味が無くても訪れてほしい!

5.木

丘巡りの一つに木があります。代表的なのがセブンスターの木や親子の木など。観光地というよりは絶景にある木が美しかったから名前が付いたというようなものです。

なので個人が所有している木もあります。勝手に農地に入ってしまわないよう十分に気をつけてください。そこで最低限押さえておきたい木のスポットがこちら。

マイルドセブンの丘

「丘」となってますが、防風林が丘の上に並ぶ美瑛を代表するスポットの一つ。駐車場は小さいですが道路が近くまで通ってますのでアクセスしやすいのがいいところ。

夕日が映える場所ですので、1日の最後に訪れるのがおすすめです。さらに時間があれば近くの北西の丘展望台に立ち寄るのもいいでしょう。

 

上手くいけば夕日に照らされる十勝岳連峰を望むことができます。それはまさに絶景ですのでチャンスがあればよってみましょう。

 

 

 

 

のざわ
まだまだ紹介したい場所がありますが、厳選してここまでにします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1978年うまれの道産子。札幌の大学を卒業後、郵便局へ就職。配達と保険営業を5年やり退職。自営業の道へ。30歳の時に美瑛町に移住。ライダーハウスと居酒屋の営業を始め、現在に至る。 バイク、カヤック、釣り、登山、ドローンなど、美瑛・富良野は遊びの宝庫です。現在40歳。